新監督就任のお知らせ

新監督は『都築克幸監督』に決定

 都筑中央ボーイズ小学部の監督として指導されてきた、 都築克幸監督が2016年4月付けにて監督に就任される事となりました。
都築監督は2001年 日大三高1番バッターとして、打率571甲子園史上二位)を記録し、優勝に大きく貢献、その年のドラフト会議中日ドラゴンズから指名を受け、プロ入りいたしました。
 2005年に引退後、2011年に発足した都筑中央ボーイズ小学部の監督に就任、2012年には全国大会初出場、翌2013年には全国制覇以来、7期(春夏)連続でチームを全国大会に導いている優れた監督です。
(写真は新監督の都築さんです)

伊藤洋一郎監督 退任のお知らせ

2016年1月を持って、伊藤洋一郎監督が都筑中央ボーイズの監督を退任されました。

伊藤監督は2008年に監督に就任以来、熱心に選手を指導して下さいました。
在任中は第6期を関東ボーイズ優勝、ジャイアンツカップベスト8、第8期を春季全国大会に導く等、華々しい結果をチームにもたらしました。
又、昨年のドラフトでは伊藤監督が指導された5期山本ムサシ選手が横浜DNAベイスタースに育成選手としてドラフト指名されるなど、神奈川の中学硬式野球にしっかりとした足跡を残されました。

今般、監督ご自身の向上心から更なる高みを目指し、環境を変えて進んで行きたいとの希望から辞任し、チームを移籍される事となりました。チームとして、全力で慰留に努めましたが、ご意志は固く、残念ながら都筑中央ボーイズより旅立たれる事となりました。

伊藤監督、ここまで長い間、本当に有難う御座いました。新天地でのご活躍、祈念いたします。


後任の監督には2016年4月から、ここまで小学部の監督として指導された 都築克幸監督が就任される事となりました、

2月、3月中の監督として、新任の羽豆 恭監督が2ヶ月間、指導されます。都築監督は2001年 日大三高の1番バッターとして
打率571(甲子園史上二位)を記録し、優勝に大きく貢献、その年のドラフト会議で中日ドラゴンズから指名を受け、プロ入りいたしました。
2005年に引退後、2011年に発足した都筑中央ボーイズ小学部の監督に就任、2012年には全国大会初出場、翌2013年には全国制覇、
以来、7期(春夏)連続でチームを全国大会に導いている優れた監督です。

【第14回 関東ボーイズリーグ開催決定】

第14回 関東ボーイズリーグの開催が決定しました。
都筑ジャイアンツボーイズの対戦は以下の通り。


■平成23年4月24日(日) 平塚球場 第一試合
  第一回戦 VS柏ボーイズ
      
■平成23年4月29日(祝) 成東総合運動公園野球場 第一試合
  第二回戦 VS <足立ベルモントB or 旭中央B> の 勝者

<トーナメント表>

元中日ドラゴンズ[立浪 和義] さん講演

平成23年3月5日(土),元中日ドラゴンズ 立浪 和義 さんに講演に来ていただきま
した。
立浪様,お忙しい中,講演会を快く引き受けてくださり,ありがとうございました。
選手達にとって大変有意義な機会となり,今後へ大いに役立つことと思います。

当日の模様



野球教室を行いました

平成22年12月12日(日),前田幸長杯に参加いただきましたチームを対象に,
プロ野球選手をグランドに招き,野球教室を行いました。
野球教室にご協力いただきました選手の皆さま,お世話になり,ありがとうございました。

  H22野球教室・前田幸長杯表彰式Photo

野球球室に参加いただいた選手(順不同)
  読売巨人軍:福田投手,円谷選手,田中大二郎選手,笠原選手,村田善則捕手
  ヤクルトスワローズ:上野啓輔選手


PC120082.jpg


PC120083_20101219153429.jpg
PC120084.jpg
PC120085.jpg
PC120054.jpg
PC120080.jpg
PC120072.jpg

Facebook
小学部Link
チーム紹介
カテゴリ
公式試合結果
○--- 平成27年度 ---○
○--- 平成26年度 ---○
○--- 平成25年度 ---○
○--- 平成24年度 ---○
○--- 平成23年度 ---○
○--- 平成22年度 ---○
問合せフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
最新記事
カウンター
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


RSSリンクの表示
リンク
協賛
天気予報

QRコード
QR
予定表【部内限】