第10回リスト杯見事優勝!春の全国大会へ!

リスト杯優勝!!

強豪横浜緑ボーイズ倒し全国へ!

 2017年11月25日(日)、第10回リスト杯争奪神奈川秋季大会の決勝戦がサーティーフォー保土ヶ谷球場で行われ、我が都筑中央ボーイズが横浜緑ボーイズと対戦し、延長10回の死闘を制し、見事優勝することができました!

 都築監督が監督に就任して三年目。今春のジャイアンツカップに続き、2期連続となる全国大会出場となり、リスト杯は都筑中央ボーイズ創立11年目にして初制覇となりました。

 この大会の優勝により、春の全国大会並びにベイスターズカップの出場権も獲得いたしました! 

(スポーツ報知の記事)

 

(最終トーナメント表)

 

延長10回の死闘を制す!

 決勝戦。相手は横浜緑ボーイズ。予想通り相手の先発は絶対的エース金城くん。今大会安定したピッチングで一試合で2失点以上はしていない。早いストレートと抜群のコントロール、そして鋭く曲がるスライダー。間違いなく今大会NO1ピッチャーは彼だろう。でも、この相手から点を取らないと都筑中央が勝つことはない。

 我がチームの先発は三回戦で好投した一年生の松藤くん。要所を締める抜群の勝負感と今大会リード面で大きく成長した捕手の清水くんのリードも冴えわたり、緑打線を押さえ込む。攻撃では少ないチャンスをしっかりものにし、好投手から7回まで2点をもぎ取る。代打で登場した、寺越くんの貴重なタイムリーで一点リードし最終回を迎える。最終回、連戦リリーフで好投していた仁平くんが先頭バッターを出したところで、大岡くんにスイッチ。しかし、緑の粘りのバッティングで同点にされ、更に一死二塁三塁の絶体絶命のピンチを迎える。ここで登場したのが、連戦先発で好投を続けていた浅野くん。そして彼がチームを救う。気迫のピッチングは続く打者を空振りの三振。最後は内野ゴロに打ち取り最大のピンチを切り抜けた。延長に入り、点がとれない中、八回、九回も相手打線を多彩な変化球とマウンド度胸で0点に押さえる。

10回から大会規定により、2対2の同点にてタイブレークへ。先行は我が都筑中央。4番の河原くんの犠牲フライで一点勝ち越す。一点リードで迎えた10回裏、浅野くんの最後に投げた外角低めの変化球を打ち返した打球はワンバウンドしたのち、浅野くんのグラブへと吸い込まれる。一死満塁のタイブレイクはピッチャーゴロのダブルプレーでゲームセット。感動と勝利をもたらせてくれた浅野くんのピッチングとチーム全員の勝ちたいという気持ちがチームに優勝を引き寄せました。

(試合後肩を組む選手達)

(試合後泣きながらスタンドの先輩方に勝利報告をする選手達)



大会MVPに浅野くんが選ばれました!   

(炎の救援でMVPを獲得し記念品を受けとる浅野くん)

 

 おめでとう!都筑中央の選手達!

そして感動をありがとう!

全国でも

戦った同士の分まで

頑張って勝ち上がろうぜ!

試合結果

※最後まで応援してくださったすべての皆様、大会関係者の皆様。そして対戦した横浜緑ボーイズの皆様、本当に有り難う御座いました。

Facebook
小学部Link
カウンター
カテゴリ
最新記事
チーム紹介
協賛
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


リンク
RSSリンクの表示
予定表【部内限】
問合せフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム